TOPトピックス2011年事業継続を支援!IBM i業務データを確実に効率よくまもる「AI SYNC i」

Pick up Solution

必要なときすぐ利用

かんたん情報活用

綺麗にかんたん帳票設計

prev next

事業継続を支援!IBM i業務データを確実に効率よくまもる「AI SYNC i」

  • 2011/12/20
  • 新製品

   AIsync


AI SYNCi 製品慨要
 ・IBM iの大切なお客様データをリアルタイムに遠隔地へのバックアップを実現し、もしもの災害・障害時の復旧はアプリケーション単位で簡単に復元できます。

・「AI Container」製品(別売)と連携することでさらなる運用コスト削減を実現します。

  

AI SYNC i概要図

AI SYNCi 特長
■ IBM iの更新・追加データをリアルタイムにバックアップ

災害・システム障害が発生してもシステムダウン直前までのデータを復元し、ダウンタイムを最小限に抑える。

■ ネットワーク上の回線負荷を最小限化

増分データ(ジャーナルデータ)のみをPCサーバーへ送信し、PCサーバー側で増分のマージを行う。 

AI SYNCi 基本システム構成

AI SYNC i x 1ライセンス

AI SYNCi 稼働環境
<IBMi>

 ■ P05モデル   ■ P10以上モデル

  ・サポートOS(ソフトウェア要件(IBM i))

 1)OS400バージョンは、V5R4以上です。

  ※V5R3以下の場合には先にOSのバージョンアップを行ってください。

 2) 最新の累積PTFを適用してください。

 3)AI SYNC i はジャーナルを使用してバックアップしますので、OS有料

  オプションのHAジャーナルパフォーマンスを使用することをお勧めします。

  

<バックアップ先:WindowsServer>

 1) WindowsServer2003もしくはWindowsServer2008をご用意ください。

 

<PCServer推奨スペック>

-------------------------------------------

 ■ System x  ラック型 (ご参考構成)

   x3250M3

   Xeon-X3460(4コア) 2.80GHz/MEM 4GB/HDD 1TB

   Windows 2008 R2 Standard

-------------------------------------------

 ■ System x  タワー型 (ご参考構成)

   x3200M3

   Xeon-X3460(4コア) 2.80GHz/MEM 4GB/HDD 1TB

   Windows 2008 R2 Standard

------------------------------------------- 

 ・備考:ハードウェア要件

  1) バックアップ先のPCサーバーは、本番機の約1.5倍のDISK容量が必要です。

  2) メモリは2GB以上がお勧めです。

  3) 本番機とバックアップ機を結ぶネットワークは、100Mbps以上のLAN、専用回線を推奨します。

製品・サービス
製品コンセプト
目的から探す
製品一覧
サポート
ソフトウェアサポート
ハードウェアサポート
パートナー
パートナー企業様専用ページ
パートナー募集
セミナー・イベント
セミナー・イベント一覧
JBグループのセミナー・イベント
プライバシーマーク
ダウンロード
カタログダウンロード
セミナー資料
評価版
JBATについて
会社情報
JBATのCSR
JBATの取り組み
トピックス
各種お問い合わせ
一般お問い合わせ
ソフトウェアサポートログイン
ハードウェアに関するお問い合わせ
TEL0120-28-3933