TOPトピックス2021年『Google Chrome』バージョンアップに伴う対応について

Pick up Solution

kintoneプラグイン

20200708_attazoo_11plugin

データを簡単につなぐ!

prev next

『Google Chrome』バージョンアップに伴う対応について

  • 2021/06/22
  • 重要

平素は弊社商品をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

Chromeのバージョン92の仕様変更により、弊社マルチブラウザー製品を現状のままお使いいただくと動作しなくなる可能性があります。

対象となる弊社製品について、下記の通りご案内申し上げます。


【影響があると想定されるお客様】

・PrintPro 2.0 Web印刷(マルチブラウザー)をご利用のお客様

・WebReport 2.0 Smartシリーズ、SmartBI、およびREPORT EYE エントリー版で
   印刷定義をご利用のお客様
 

   (V5.9.5以前のバージョンをご利用のお客様、およびV5.9.5以降のバージョンでもサーバーの設定で

  PrintPro Web印刷(IE専用)を使うように設定されているお客様には影響ありません)



対応方法

対応方法は2種類ございます。

 
1.WebアプリケーションのSSL化
2.Chromeの設定変更


※WebReport 2.0 Smartシリーズ、SmartBI、およびREPORT EYE エントリー版は、 以下の【2.Chromeの設定変更】での対応をお願いいたします



1.WebアプリケーションのSSL化

PrintPro 2.0 Web印刷(マルチブラウザー)を組み込んでいるWebアプリケーションをSSLに変更をお願いいたします。 また、PrintPro 2.0 Web印刷(マルチブラウザー)の「pp20mbclient.exe」を使用してインストールを行っている場合、 「pp20mbclientadmin.exe」を使用して再インストールする必要がございます。

 (既にSSLになっている場合には、再インストールや修正を行う必要がなく動作いたします。)


2.Chromeの設定変更

上記、SSL対応ができない場合、Chromeの設定を変更し対応願います。
 
■「設定変更手順」

①以下内容をChromeのアドレスバーに入力して設定画面を表示してください。  
 chrome://flags/#block-insecure-private-network-requests 
 
②表示された設定画面の上部に表示されている「Block insecure private network requests.」の設定を「Disable」へ変更してください。

③Chromeを再起動してください。
 
以上となります。 

※現在はこちらの設定変更で動作いたしますが、こちらの設定も将来的には消失する可能性がございます。 
   WebアプリケーションのSSL化を早めに行っていただきますようお願いいたします。

※Chromium版Edgeをご利用のお客様も同様の対応が必要になります。


【お問い合わせ先】

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社 

 お問い合わせフォームはこちら



製品・サービス
製品コンセプト
目的から探す
製品一覧
サポート
ソフトウェアサポート
ハードウェアサポート
製品FAQ
パートナー
パートナー企業様専用ページ
パートナー募集
セミナー・イベント
セミナー・イベント
JBグループのセミナー・イベント
プライバシーマーク
ダウンロード
カタログダウンロード
評価版
JBATについて
会社情報
JBATのCSR
JBATの取り組み
トピックス
各種お問い合わせ
一般お問い合わせ
ソフトウェアサポートログイン