TOP製品・サービスQanat 2.0 ACMS+

製品・サービス

Qanat 2.0 ACMS+

社内外システムの
シームレスな連携を実現します!

概要 機能 仕様

概要

  社内外のシステム連携で困っていませんか?「Qanat 2.0 ACMS+」が、社内外システムのシームレスな連携を実現します。

systemimage_qanatacms.jpg

企業内、企業間(EDI)といった概念を捨て、企業内外のシステムおよびアプリケーションのシームレスな連携を実現するB2Bサーバー。「Qanat 2.0 ACMS+」

 

Qanat 2.0 ACMS+ 製品特徴

企業内と企業間(EDI)を融合

 

企業内、企業間(EDI)といった概念を捨て、企業内外のシステムおよびアプリケーションを「Qanat 2.0 ACMS+」のみでシームレスに連携できます。

企業内と企業間(EDI)を融合イメージ

分散アーキテクチャ採用によるリスク分散

 

分散サーバ・アーキテクチャ採用によって、セキュリティの強化やシステムの拡張、また負荷軽減のために通信機能や業務アプリケーションなどを機能単位で複数サーバに分散配置することが可能です。また、あるサーバに障害が起きた場合も、自動縮退運転機能と自動復旧機能によって、サービスレベルの低下といったリスクを分散します。

分散環境の一元管理

 

さらに、Qanat 2.0 ACMS+ならサーバをさまざまな拠点に配置した場合でも、それらを連携させ1つの管理画面からすべての機能コントロールと状況を把握することができます。

分散環境の一元管理イメージ

機能
Qanat 2.0 ACMS+ 機能説明
Qanat 2.0 ACMS+ 機能概要イメージ
基本機能

API

  • 業務アプリケーションとの容易な連携
  • 送受信要求
  • ジョブ実行要求
  • 受信完了時の業務アプリーケーションとの連携 
  • 送達通知による業務アプリーケーションとの連携


APIイメージ

スケジューラ

  • 取引先との送受信/業務アプリケーションを定期的に実行
  • 休日スケジュール(翌営業日へのシフトなど) 
  • 営業日と休日のスケジュール時刻指定


スケジューライメージ  

運用管理

  • 全てのサーバを一台で監視
  • 運用者の操作権限設定
  • 運用者セキュリティ機能
  • Webブラウザによる状況照会/再実行/中止等の操作
  • 障害時の管理者へのメール通知
  • SYSLOGまたはイベントログへのログ出力 
  • 運用監視ツールとの連携


運用管理イメージ

 

通信機能

通信手順(プロトコル)

  • 国内外標準の様々な通信手順(通信プロトコル)をサポート 
  • ERPなど企業の情報システムとの容易な連携
通信手順(プロトコル)イメージ

 

EDI連携機能

ジョブ実行制御

  • データ交換と連動したジョブ実行制御を実現


ジョブ実行制御イメージ

ジョブ定義

  • GUI画面によるジョブ定義


ジョブ定義イメージ

ファイル分割(データ分割)

  • CIIデータ分割
  • EDIFACTデータ分割
  • データレコード分割 
  • ヘッダレコード分割


ファイル分割(データ分割)

トランスレータ(フォーマット変換)

  • 多様なフォーマットに対応したJavaエンジン
  • フォーマット変換処理(ANY変換)
  • 文字コード対応
  • DBによるコード変換
  • DBとの入出力


トランスレータ(フォーマット変換)イメージ

ファイルマージ

  • マージ方式
  • ファイル別マージ
  • 送信者別マージ
  • 送信者別+ファイル別マージ
  • マージ締め方法
  • マージファイル件数締め
  • 時間締め
  • 手動締め
  • 条件締め


ファイルマージイメージ

 

内部連携機能(アダプタ)

SAPアダプタ

  • RFCによるデータ交換
  • SAP R/3のEDIインターフェイスを提供
  • パートナー管理 
  • R/3へのステータス通知


SAPアダプタイメージ

SAP JCoアダプタ

  • SAP Java ConnectorによるR/3とのリアル接続 
  • パートナー管理


SAP JCoアダプタイメージ

MQアダプタ

  • JVM環境を構築できないサーバとMQで連携 
  • IBM WebSphere MQを介してレガシーシステムとの連携


MQアダプタイメージ

RDB連携

  • DB(Data Base)連携機能を提供
  • 任意のフォーマットに変換
  • 任意のフォーマットでの書込要求 
  • 主要なDBMSに対応


RDB連携イメージ

 

仕様
Qanat 2.0 ACMS+ 仕様

製品の検討時には、下記の仕様をよくご確認下さい。
また不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。

通信・管理サーバー

 

最小メモリ 1GB以上
最小
ディスク容量
150MB以上(本体のみ)
サーバーOS

Microsoft Windows Server 2008 SP2 (32/64 bit) 
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 (64 bit)
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016
Red Hat Enterprise Linux V5 / V6 (32/64 bit)
Red Hat Enterprise Linux Server V7.0~V7.4 (64 bit)
IBM i / AIX (IBM Java7以上対応のもの)
※その他、下記備考参照

JDK / JRE

JDK 6 / JRE 6
JDK 7 / JRE 7
JDK 8 / JRE 8
*Java8は、Oracle / SQL Server / MySQL / PostgreSQL / DB2のJDBCドライバが対応しています。(2017年08月時点)
※下記、備考欄参照

DBMS
(ACMS管理DB)

■オンプレミス
Microsoft SQL Server 2008 SP4
Microsoft SQL Server 2008 R2 SP3
Microsoft SQL Server 2012 SP2 / SP3 / SP4
Microsoft SQL Server 2014 SP1 / SP2
Microsoft SQL Server 2016 / SP1
Microsoft SQL Server 2017
Oracle Database 11.2 / 12.1(12c) / 12.2
IBM DB2 9.5 / 9.7 / 10.5
IBM DB2 for i 7.1 / 7.2 / 7.3
IBM i (旧 i5/OS、 OS/400)同梱のDB2
MySQL(Windows/Linux) 5.5 / 5.6 / 5.7
PostgreSQL(Linux)
  9.0.5 / 9.1.2 / 9.2.2 / 9.3.3 / 9.4.4 / 9.5.3 / 9.6.1 / 10.0
Symfoware(Windows) 10.0
Symfoware(Windows/Linux) 10.1 / 11.1 / 12.0 / 12.1

■クラウド
Amazon Aurora(MySQL互換)
Amazon RDS for SQL Server
Amazon RDS for Oracle
Amazon RDS for PostgreSQL
Amazon RDS for MySQL
Oracle Database Cloud Service
Oracle MuSQL Cloud Service
※クラウドの各DBMSバージョンについては、オンプレミスがサポートするバージョンをサポート対象としています。

WAS
(Web Application Server)
Tomcat 7.0 / 8.0 / 8.5
WebSphere Application Server 7.0 / 8.5 / 9.0(8.0除く) 
Weblogic Server 10g(10.3) / 11g(10.3) / 12c(12.1)
備考

*1)Qanat 2.0 ACMS+ は、Javaで開発されていますので、表にあるJavaVMのバージョンをサポートする商用サーバーOS上にて稼動します。各OS製品がサポートするJavaVMのバージョンにつきましては、別途OSメーカーにお問い合わせください。
  2)ブラウザーはInternet Explorer 9.0~11.0 に対応しています。

 

オプション

ACMS Web/deTrade II

取引先側クライアント環境

■アプレット版
Internet Explorer 9.0 / 10.0 / 11.0 ※

■非アプレット版
Internet Explorer 10.0 / 11.0 ※
Microsoft Edge 最新版およびその直前のバージョン
Google Chrome 最新版およびその直前のバージョン
Mozilla Firefox 最新版およびその直前のバージョン

※ご注意
・Internet Explorer 10 以降ではデスクトップ版の Internet Explorer を使用していただく必要があります。
・ブラウザ利用可能なOSはWindowsとなります。
(ブラウザ自体のサポートポリシーにつきましては、それぞれのベンダー公式サイト等でご確認ください。)

EDI連携機能(AnyTran)変換定義作成ツール動作環境
最小メモリ 256MB
(※変換定義ファイルの内容と入力データサイズにより、
必要になるメモリ容量は変化します)
DISK容量 50MB
JAVA JDK・JRE 6 / 7 / 8
OS

Windows Server 2008 Standard / EnterpriseSP2*
Windows Server 2008 R2 Standard / EnterpriseSP1
Windows Server 2012 Standard / Datacenter
Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter
Windows Server 2016 Standerd / Datacenter
Windows 7Home Premium/Professional/Ultimate(Enterprise)SP1*
Windows 8.1/Pro/Enterprise*
Windows 10 Home/Pro/Enterprise*
*32bitおよび64bitの両方に対応しています。

※ご注意
・定義作成のWindowsモダンUI及びタッチパネル操作には対応しておりません。
64ビット版OSでは、32ビット互換モードで動作します。
ブラウザーは、Internet Explorer 9.0 ~11.0に対応しています。

 

 

Qanat 2.0 ACMS+ Express 仕様

製品の検討時には、下記の仕様をよくご確認下さい。
また不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。

通信・管理サーバー

 

最小メモリ 1GB以上
最小
ディスク容量
150MB以上(本体のみ)
サーバーOS
新規インストール時

Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition (SP2以上)
Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Edition (SP2以上)
Microsoft Windows Server 2008 Standard x64 Edition (SP2以上)
Microsoft Windows Server 2008 Enterprise x64 Edition (SP2以上)
Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition (SP1以上)
Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition (SP1以上)
Microsoft Windows Server 2012 Datacenter Edition
Microsoft Windows Server 2012 Standard Edition
Microsoft Windows Server 2012 R2 Datacenter
Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard
Microsoft Windows Server 2016 Datacenter
Microsoft Windows Server 2016 Standard

サーバーOS
アップグレード時

Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition (推奨:SP2)
Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Edition (推奨:SP2)
Microsoft Windows Server 2008 Standard x64 Edition (推奨:SP2)
Microsoft Windows Server 2008 Enterprise x64 Edition (推奨:SP2)
Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition (推奨:SP1)
Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition (推奨:SP1)
Microsoft Windows Server 2012 Datacenter Edition
Microsoft Windows Server 2012 Standard Edition
Microsoft Windows Server 2012 R2 Datacenter
Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard

オプション
ACMS Web/deTrade II
取引先側クライアント環境

■アプレット版
Internet Explorer 9.0 / 10.0 / 11.0 ※

■非アプレット版
Internet Explorer 10.0 / 11.0 ※
Microsoft Edge 最新版およびその直前のバージョン
Google Chrome 最新版およびその直前のバージョン
Mozilla Firefox 最新版およびその直前のバージョン

※ブラウザに関して
・Internet Explorer 10 以降ではデスクトップ版の Internet Explorer を使用していただく必要があります。
ブラウザ利用可能なOSはWindowsとなります。
(ブラウザ自体のサポートポリシーにつきましては、それぞれのベンダー公式サイト等でご確認ください。)
【ご注意】
1. 同梱のSQL Server 2014 SP1 Expressのシステム要件により導入できるOSが限定されています。
2. Qanat2.0 ACMS+ Expressは、無停止(FT)環境やHAクラスタ環境、ライブ・マイグレーション機能
などを使った冗長化された環境では利用できません。
3. オプションのEDI連携機能では、ACMSサーバー外部のDBへのアクセスはできません。
4. 通信回線は0/2/4回線まで、ならびに通信手順も最大4手順までの対応が可能です。
これを超える場合には通常版のQanat2.0 ACMS+へアップグレードをお願いします。
 

カタログはこちら

※製品を比較しやすい、
各種カタログをご用意しております。

カタログダウンロードはこちら

ソフトウエアに関するお問合わせはこちら

※ソフトウエアサポート契約ご加入の
お客様専用の窓口です

  • ソフトウエアサポートにご加入のお客様向けに、ご契約製品に関する技術的な質問への回答、製品バージョンアップ対応をご提供しております。
  • サポートログインはこちら

各種お問い合わせ

※お見積り、製品説明など
お気軽にお問合わせください。

お問合わせはこちら

製品・サービス
製品コンセプト
目的から探す
製品一覧
サポート
ソフトウェアサポート
ハードウェアサポート
製品FAQ
パートナー
パートナー企業様専用ページ
パートナー募集
セミナー・イベント
セミナー・イベント一覧
JBグループのセミナー・イベント
プライバシーマーク
ダウンロード
カタログダウンロード
セミナー資料
評価版
JBATについて
会社情報
JBATのCSR
JBATの取り組み
トピックス
各種お問い合わせ
一般お問い合わせ
ソフトウェアサポートログイン