TOPトピックス2020年JBAT、OBCと協業で奉行クラウドとkintoneの連携ツールを提供開始

Pick up Solution

kintoneプラグイン

20200708_attazoo_11plugin

データを簡単につなぐ!

prev next


JBAT、OBCと協業で奉行クラウドとkintoneの
連携ツールを提供開始

クラウド連携プラットフォーム「Qanat Universe」で
基幹系と情報系システムの融合を実現

  • 2021/01/19
  • 新製品

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
JBCCホールディングス株式会社

 

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:吉松 正三、以下JBAT)は、株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、社長:和田 成史、以下OBC)と協業し、OBCのSaaS型基幹業務システム「奉行クラウド」とサイボウズ社の業務改善プラットフォーム「kintone」の連携を実現する「奉行クラウド kintone連携用ツール」を1月19日より提供開始します。

当初の1年間は無償で提供し、2年目以降は年額30,000円(希望小売価格)で利用できます。 企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)においては、クラウドを活用し、社内外のシステムを連携してデータを共有する等、俊敏で柔軟性の高いシステム基盤をつくることが求められています。

▶OBCは、“すべての業務とつながるひろがる”業務クラウドとして「奉行クラウド」を展開し、会計や人事、販売管理など豊富なラインナップで基幹業務のクラウド化を実現してきました。
▶サイボウズのkintoneは、顧客管理や受注管理など、日常的なフロント業務を行うシステムをクラウド上で簡単に構築できるプラットフォームです。 

今回発表する「奉行クラウド kintone連携用ツール」は、JBATのクラウド連携プラットフォーム「Qanat Universe」を活用し、奉行クラウドkintoneつなぐ連携ツールです。
例えば、kintoneで営業案件の進捗を管理し、受注できたらそのデータを奉行クラウドに自動で連携させ、販売管理業務につなげることができます。これまで“kintoneによる案件管理”、“奉行クラウドによる販売管理”として、別々に処理していたものが自動連携することで、業務の生産性を大幅に向上させることが可能です。 このようなシステム間の連携には、APIを利用した連携プログラムの開発が必要で、奉行クラウドとkintoneのAPI連携は高度な技術を必要としていました。

今回の「奉行クラウド kintone連携用ツール」を利用することで、IT部門のスキルや要員の不足、費用面などの課題を抱える中堅中小企業でも、低コストで、素早く、クラウドを活用したデータの連携・共有を実現できます。
幅広い基幹業務のクラウド化を推進する奉行クラウドと、現場で自由にフロント業務のデジタル化を実現できるkintoneが「奉行クラウド kintone連携用ツール」でつながることで、様々な組み合わせのバックオフィス業務とフロント業務の融合が実現でき、新たな価値の創出やクラウド活用の可能性が広がることが期待できます。

20210119_obc_release

 
Qanat Universe」は、奉行クラウドと様々なサービスとのデータ連携を目的にOBCが2019年10月より提供する「奉行クラウドApp Connect」でも採用されています。
JBATは、今回の「奉行クラウド kintone連携用ツール」により、主要なSaaSの連携を可能にする「Qanat Universe」の拡販を一層、図っていきます。

■ 「奉行クラウド kintone連携用ツール」の特長

「奉行クラウド kintone連携用ツール」は、奉行クラウドのデータをkintoneで参照・共有したり、kintoneアプリで入力した内容を奉行クラウドに書き込む等、基本的なデータ連携機能を備え、「連携サンプルアプリ」と「連携プラグイン」の2つの方式で提供されます。「連携サンプルアプリ」または「連携プラグイン」を利用し、そこにお客様の要望に応じた項目や処理を追加するだけで、開発工数を大幅に抑え、奉行クラウドとkintoneのデータ連携を実現する独自のソリューションとして提供することが可能です。
「奉行クラウド kintone連携用ツール」は、奉行クラウドシリーズの小規模法人向け販売管理、仕入れ・在庫管理システムである「商蔵奉行クラウド」向けから提供を開始します。今後、勘定奉行クラウドや固定資産奉行クラウド等、奉行クラウドシリーズと連携する約20種を順次追加していく予定です。

【提供内容】
1. 連携サンプルアプリ
(例)商蔵奉行クラウドの受注伝票との連携機能が実装されたkintoneアプリ
 2. 連携プラグイン
(例)既存のkintoneアプリに、商蔵奉行クラウドの受注伝票への書込/参照機能を組み込めるプラグイン

■ 価格 年額 30,000円(希望小売価格) 
※初年度無償、2年目以降費用が発生します(契約は法人単位)

JBATは「奉行クラウド kintone連携用ツール」の開発および販売を行うとともに、OBCと協力し、特設サイトで「>奉行クラウド kintone連携用ツール」の活用事例や最新情報の共有、オンラインセミナーを開催する等、共同でプロモーションや支援を実施します。

今回の発表にあたり、サイボウズ様よりエンドースメントをいただいております。
エンドースメント

サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 兼 事業戦略室長 栗山圭太 氏 より

サイボウズ株式会社はJBアドバンスト・テクノロジー株式会社の「奉行クラウド kintone連携用ツール powered by Qanat Universe」提供開始を心より歓迎いたします。今回の連携用ツールにより奉行クラウドとkintoneのデータが自動連携されることで、お客様の業務が円滑になり、新たな価値を生み出すことを期待しております。今後もさらなるパートナーシップ構築に勤しみ、お客様に最適なソリューションをご提供いたします。



 

■ JBアドバンスト・テクノロジー株式会社について https://www.jbat.co.jp/

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社は、JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司)の事業会社。JBグループにおいてクラウドサービスやソフトウェア等の製品開発および先進技術の研究を担い、ハイブリッド・クラウド環境での様々なデータをつなぐ“Qanatシリーズ”をはじめ、お客様の業務のデジタル化を実現するソリューションを開発・提供しています。
 


■ 株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)について  https://www.obc.co.jp/

OBCは、『勘定奉行クラウド』をはじめとする『奉行クラウド』を主力商品として、お客様のニーズに沿って業務スタイルに変化をもたらす商品をお届けしています。累計63万社を超える奉行シリーズのお客様を中心に、従来のシステムをクラウドに転換する「UP to クラウド」を推進し、 深刻な労働力不足を背景として多くの企業にとって喫緊の課題となっている業務生産性を飛躍的に向上させていきます。



※ リリースの記載内容は発表日時点のものです。その後、将来の製品改良等により内容が予告無しに変更される場合 ありますのであらかじめご了承ください。
※ 本リリース内掲載の会社名、製品名は各社の商号、登録商標または商標です。
※ 記載の会社名および商品名は、本リリース発表時点のものです。
本件に関するお問い合わせ

【報道関係の皆様】 
▼JBCCホールディングス株式会社 
 広報・グループマーケティング 馬橋/長谷川   
  TEL :03-5714-5177(部門代表)
  MAIL :jb_info@jbcc.co.jp  
  HP   :https://www.jbcchd.co.jp/


 【お客様】 
▼JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
  マーケティング 菅/篠﨑
  TEL :044-280-8611      
  MAIL :jbat_sol@jbat.co.jp  






製品・サービス
製品コンセプト
目的から探す
製品一覧
サポート
ソフトウェアサポート
ハードウェアサポート
製品FAQ
パートナー
パートナー企業様専用ページ
パートナー募集
セミナー・イベント
セミナー・イベント
JBグループのセミナー・イベント
プライバシーマーク
ダウンロード
カタログダウンロード
評価版
JBATについて
会社情報
JBATのCSR
JBATの取り組み
トピックス
各種お問い合わせ
一般お問い合わせ
ソフトウェアサポートログイン