TOPトピックス2020年kintoneプラグイン「ATTAZoo U」2021Winter アップデート情報

Pick up Solution

kintoneプラグイン

20200708_attazoo_11plugin

データを簡単につなぐ!

prev next

kintoneプラグイン「ATTAZoo U」2021Winter アップデート情報

  • 2021/12/29
  • 製品情報
attazoou_2021Winter_1

JBATはkintoneのアプリ間のデータ更新を自動化するプラグイン「ATTAZoo U」(アッタゾーユー)の
2021Winterを12月29日にリリースします。 

※既に「ATTAZoo U」をご利用中のお客様はサポートサイトよりダウンロードしご利用ください
※本アップデートよりアップデート総称が変更となります。(前回まで「ATTAZoo U Ver X.X」)



▼ATTAZoo Uとは?
 ATTAZoo Uとは、一つのkintone環境内では実現が難しい「kintone環境を超えたデータ連携」を行うための機能を

 プラグイン形式でご利用することができるサービスです。プラグイン形式のため、JavascriptやCSSによるカスタマイズは
 不要で、
誰でもかんたんに「kintone環境を超えたデータ連携」を行うことができ、kintoneを用いた更なる業務改善、
 効率化を実現できます。

  


「ATTAZoo U」の製品詳細はこちら




「ATTAZoo U」2021Winter アップデート内容

▼ATTAZoo U アプリ間レコード更新(バージョン:3.0)


 <機能追加>

 

   ・更新先アプリに更新キーと一致するレコードが存在しない場合に、

    更新データで新規レコードを追加する機能追加をしました。

    プラグインの設定から新規レコードを追加する設定を有効にした場合に動作します。


  

attazoou_2021Winter_3


 <動作変更>


  ・ライセンスの確認方法と処理を変更しました。未登録のドメインや契約期限切れの

        ドメインにおいて製品版のプラグインはご利用いただけなくなります。



 <障害対応>


    ・ゲストスペースのアプリから通常アプリを更新する際に、エラーとなり更新できない不具合を修正しました。




▼ATTAZoo U データ更新用二次元コード生成プラグイン(バージョン:1.0)


<新規プラグイン>

    kintoneのレコードを更新するための二次元コードを生成し、レコードに保存します。

    生成された二次元コードを読み込んで得られたURLにWebアクセスがあった場合、

    設定に従ってkintoneのレコードが更新されます。

    二次元コードを読み込んで得られるURLは、生成されたURLと同一です。

    詳しくはマニュアルをご参照ください。 




< ~プラグイン利用の流れ~ データ更新用二次元コード生成プラグイン >


attazoou_2021Winter_4



< ~利用例~ データ更新用二次元コード生成プラグイン >


attazoou_2021Winter_2






《 無料体験版ダウンロードはこちら 》




製品・サービス
製品コンセプト
目的から探す
製品一覧
サポート
ソフトウェアサポート
ハードウェアサポート
製品FAQ
パートナー
パートナー企業様専用ページ
パートナー募集
セミナー・イベント
セミナー・イベント
JBグループのセミナー・イベント
プライバシーマーク
ダウンロード
カタログダウンロード
評価版
JBATについて
会社情報
JBATのCSR
JBATの取り組み
トピックス
各種お問い合わせ
一般お問い合わせ
ソフトウェアサポートログイン