TOPITお役立ち情報『ドロップダウン階層絞り込み+』の設定方法

Pick up Solution

kintoneプラグイン

20200708_attazoo_11plugin

データを簡単につなぐ!

prev next

kintoneプラグイン「ATTAZoo+」を設定してみよう!




「ドロップダウン階層絞り込み+」の活用イメージ





attazoo_settingtop





活用イメージ


~例えばこんなシーンで活用できます~

 ・都道府県マスタと連携させることで、住所入力時に選択した都道府県別に市区町村を絞り込める!
 ・人事マスタと連携させ、部門選択に合わせたユーザー選択を可能に!
 ・アプリ内のドロップダウン項目を絞り込みに指定できるため、マスタアプリの無いアプリでも
  絞り込み設定で運用を分かりやすくすることができる。

ATTAZoo_tabletenso







kintoneへのプラグイン設定方法はこちら
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=e-JDtUqbZl4


概要

ドロップダウン階層絞り込み+はアプリ内のドロップダウンを階層にして絞り込む機能
マスタアプリのレコード情報を階層にして絞り込む機能を追加します。


設定方法

アプリの設定を開き、ドロップダウン階層絞り込み+のプラグインをインストール後、プラグインの設定ボタンをクリックします。


dropdown01

ドロップダウン階層絞り込み+のプラグインには2つの機能が存在します。


①アプリ内のドロップダウンフィールド内の項目を絞り込ませる機能
②マスタアプリのレコード情報をドロップダウンで絞り込ませる機能


タブを切り替えることで設定画面を切り替えます。

※②の機能を複数設定したい場合は、+のタブをクリックすることで増やせます。


dropdown02


①アプリ内のドロップダウンフィールド内の項目を絞り込ませる機能

アプリ内のドロップダウン項目内の値によって別のドロップダウン項目の値を制御することができます。

※親項目、子項目として表現


“親項目がどの値なら子項目はどんな値か”を画面上で指定していきます。

応用として、設定した子項目を親項目として設定することで連続した制御が可能です。


例: 【親項目】事業部→【子項目】部署

→【孫項目】グループ 等


dropdown03

事前準備として、kintoneのスペースフィールドを配置する必要があります。

区分けに応じてスペースフィールドを配置してください。

dropdown04


②マスタアプリのレコード情報をドロップダウンで絞り込ませる機能


マスタアプリのレコード情報を元にドロップダウン形式で絞り込みを行う機能です。
マスタアプリを指定し、絞り込みたい項目と順番を設定していくことで
ドロップダウン項目を絞り込まれた状態で表示、選択することが可能になります。


※表示用のスペースフィールドが必要です。

dropdown05


dropdown06







◆「ATTAZoo+」ご紹介ページはこちら


※登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。



 

評価版のご利用はこちら

※まずはお試しから!
実際の機能を実感いただけます。

製品の評価版ダウンロードはこちら

カタログはこちら

※製品を比較しやすい、
各種カタログをご用意しております。

カタログダウンロードはこちら


各種お問い合わせ

※お見積り、製品説明など
お気軽にお問合わせください。

お問合わせはこちら

PrintPro2.0

帳票設計から出力までの様々なニーズをトータル支援!

Qanat 2.0

システム間の情報連携を効率化!業務を最適化し運用コスト削減を支援!

R-PiCS

グローバルに躍進する製造業のための生産管理システム

WebReport 2.0

どうやれば、売れる?儲かる?みるみるわかる戦略発想ツール

prev next

製品・サービス
製品コンセプト
目的から探す
製品一覧
サポート
ソフトウェアサポート
ハードウェアサポート
製品FAQ
パートナー
パートナー企業様専用ページ
パートナー募集
セミナー・イベント
セミナー・イベント
JBグループのセミナー・イベント
プライバシーマーク
ダウンロード
カタログダウンロード
評価版
JBATについて
会社情報
JBATのCSR
JBATの取り組み
トピックス
各種お問い合わせ
一般お問い合わせ
ソフトウェアサポートログイン