TOPITお役立ち情報『アプリ間レコード更新+』の設定方法

Pick up Solution

kintoneプラグイン

20200708_attazoo_11plugin

データを簡単につなぐ!

prev next

kintoneプラグイン「ATTAZoo+」を設定してみよう!




「アプリ間レコード更新+」の活用イメージ





attazoo_settingtop


活用イメージ

~例えばこんなシーンで活用できます~

 ・仕入れ管理アプリからゲストスペースにある商品入荷情報アプリにデータを同期し、協力店へタイムリーに情報を共有。
 ・出荷管理アプリから出荷ステータスを案件管理アプリへ共有し、受発注が行われたかを営業部門に共有。
 ・顧客管理アプリの最終訪問日と日報アプリで入力した日付を連携

applicationrecordrenew00






kintoneへのプラグイン設定方法はこちら
 https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=e-JDtUqbZl4


概要

アプリ間レコード更新+プラグインは、プラグインを設定したアプリのフィールドが更新された時に、
設定内容に従って他のアプリのフィールドを更新するプラグイン
です。


設定方法

アプリの設定を開き、
アプリ間レコード更新+のプラグインをインストール後、プラグインの設定ボタンをクリックします。


applicationrecordrenew01


①更新先のアプリを検索・指定します。


②その後、更新先アプリのAPIトークンを設定します。

“更新先アプリのAPIトークン設定画面へのリンク”をクリックすると、更新先アプリのAPIトークン生成画面へ遷移します。
※APIトークンを生成したアプリ側で必ずアプリの更新を実施します。


applicationrecordrenew02

③更新キーの設定 

更新キーフィールドを設定します。

ユニークとなる”レコード番号”や重複禁止に設定した”文字列1行”または“数値”フィールドを選択

④更新対象フィールドを設定
更新元の、どのフィールドが更新された時に、

更新先の、どのフィールドを更新するか、を指定します。

⑤最後に保存をクリックしてアプリを更新します。


applicationrecordrenew03

対象フィールドを変更→レコードを保存する際に指定した更新先アプリのフィールドが更新されます。


正常に更新した場合は画面のようなポップアップで通知されます。


applicationrecordrenew04




◆「ATTAZoo+」ご紹介ページはこちら


※登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。



 

評価版のご利用はこちら

※まずはお試しから!
実際の機能を実感いただけます。

製品の評価版ダウンロードはこちら

カタログはこちら

※製品を比較しやすい、
各種カタログをご用意しております。

カタログダウンロードはこちら


各種お問い合わせ

※お見積り、製品説明など
お気軽にお問合わせください。

お問合わせはこちら

PrintPro2.0

帳票設計から出力までの様々なニーズをトータル支援!

Qanat 2.0

システム間の情報連携を効率化!業務を最適化し運用コスト削減を支援!

R-PiCS

グローバルに躍進する製造業のための生産管理システム

WebReport 2.0

どうやれば、売れる?儲かる?みるみるわかる戦略発想ツール

prev next

製品・サービス
製品コンセプト
目的から探す
製品一覧
サポート
ソフトウェアサポート
ハードウェアサポート
製品FAQ
パートナー
パートナー企業様専用ページ
パートナー募集
セミナー・イベント
セミナー・イベント
JBグループのセミナー・イベント
プライバシーマーク
ダウンロード
カタログダウンロード
評価版
JBATについて
会社情報
JBATのCSR
JBATの取り組み
トピックス
各種お問い合わせ
一般お問い合わせ
ソフトウェアサポートログイン