TOPサポート・ダウンロードハードウェアサポート製品Q&AホストエミュレーターTN5250E接続 : AS/400を再起動した後自動的に接続されない

Pick up Solution

kintoneプラグイン

20200708_attazoo_11plugin

データを簡単につなぐ!

prev next

ホストエミュレーター Q&A

Power2Net シリーズ

AS/400を再起動した後自動的に再接続されない


この説明は以下の運用を想定しています
1
AS/400は夜間(自動的に)シャットダウンする
2
AS/400は朝(自動的に)立ち上がる
3
)プリンター及びPower2Netは電源を切らない

このような環境で、ライターが自動起動されないケースがあります。

AS/400
はシャットダウンするときに、各接続機器に対し、TCPFINパケットを出しますが、バージョンやPTFレベルによってそのパケットが出ない場合があるようです。
Power2Net
の再接続はホストからFINRESETの切断命令がこないと働きません。
このような状態になると
ホスト側はPower2Netからの接続待ちステータス
Power2Net
側では接続中のステータス というアンマッチな状況になってしまいます。

この状態にならないようにするためには、以下2種類の方法が考えられます。

1.AS/400
がシャットダウンするときにFINを出すようにする
 この時の回避策
  Shutdownするときに実行されるCLの中に、B)の前にA)の記述があるかを確認していただき
  無い場合は追加していただく。
    A)ENDWTR WTR(デバイス名) OPTION(*IMMED)
    B)ENDTCPSRV SERVER(*TELNET)
 ただしこれはOS/400のバージョンやPTF状況によっては期待値が得られない場合があるようです。


2.Power2Net
Keepalive機能を使ってホスト側の切断を定期的に監視し、keepaliveのタイムアウトで再接続を動作するようにする。

Keepalive機能概要
Keepalive機能設定方法

ハードウエアに関するお問合わせはこちら

※お電話もしくはFAXにて
お気軽にお問合せください。

製品に関する質問、相談、消耗品、操作説明、技術サポートなど、お客様相談センターで受付けています。

受付時間 月~金: 9:00~17:00
(※祝祭日、12/30~1/4は除く)

  • E-mail:csc@jbat.co.jp
  • TEL0120-28-3933 FAX0120-28-3977
    ※FAXでのお問合せは受付票を印刷して
    ご記入の上、FAXしてく ださい。

カタログはこちら

※製品を比較しやすい、
各種カタログをご用意しております。

カタログダウンロードはこちら

JBcloud

必要なときに必要な機能をすぐ利用!現場直結で企業の成長戦略を支援

PrintPro2.0

帳票設計から出力までの様々なニーズをトータル支援!

Qanat 2.0

システム間の情報連携を効率化!業務を最適化し運用コスト削減を支援!

SmartDrive

社内外のあらゆるデータを一元化!モバイルファーストで情報活用

WebReport 2.0

どうやれば、売れる?儲かる?みるみるわかる戦略発想ツール

prev next

製品・サービス
製品コンセプト
目的から探す
製品一覧
サポート
ソフトウェアサポート
ハードウェアサポート
製品FAQ
パートナー
パートナー企業様専用ページ
パートナー募集
セミナー・イベント
セミナー・イベント
JBグループのセミナー・イベント
プライバシーマーク
ダウンロード
カタログダウンロード
評価版
JBATについて
会社情報
JBATのCSR
JBATの取り組み
トピックス
各種お問い合わせ
一般お問い合わせ
ソフトウェアサポートログイン