TOPサポート・ダウンロードハードウェアサポートハードウェアダウンロードIBM i(AS/400)印刷関連

Pick up Solution

kintoneプラグイン

簡単データクレンジング

データを簡単につなぐ!

prev next

IBM i (AS/400)印刷関連

バーコードコマンド作成ツール

キャラクタモードでバーコードコマンドを作成してくれるツールです。

バーコードコマンド作成ツール BarPages V1.00Download
対応プリンター
  • IBMプリンター   5588-H02,5586-H02,5587-K02,5584-K02
  • APTiプリンター E840,E780

*QRコード、カスタマーバーコードなどの機能は一部のプリンターでは使用できません。

バーコードデータにデータを入力してデータ作成ボタンを押すとキャラクタモードのバーコードコマンドを作成します。LPT1印刷ボタンをおすとLPT1に接続されたプリンターにデータを出力します。

対応バーコード
  • IBMプリンター   5588-H02,5586-H02,5587-K02,5584-K02
  • APTiプリンター E840,E780

各パラメータについてはPAGESコマンドを参照してください。

例:バーコードデータとしてJAN短縮、データ(12345678)をいれてデータ作成ボタンをおすと以下の様なデータが作成されます。このデータはそのままRPGで使用できます。12345678の部分をDBから獲得するように設計すると変更されるデータからバーコードを出力することが可能です。

PAGES 対応プリンター用 PDF/PDTファイル

IBMパーソナル・コミュニケーションズで使用することができるPDT及びPDFのファイルです。PDTPDF.EXEは自己解凍形式のEXEです。

PAGES 対応プリンター用 PDT/PDFファイル APTiPDTDownload
対応プリンター
  • IBMプリンター 5586-H02、5587-K02、5588-H02、5584-K02
  • JBAT/APTiプリンター Z7028P/Z7035P、E840/E780

1.各PDTファイルの説明

  • APTi連A4.PDT: 連続用紙->A4の縮小,用紙方向は横で出力するPDT
  • APTi連B4.PDT: 連続用紙->B4の縮小,用紙方向は横で出力するPDT
  • APTi両A4.PDT: 連続用紙->A4の縮小,用紙方向は横 両面モード゙で出力するPDT
  • APTiB4A4.PDT: B4->A4の縮小,用紙方向は横で出力するPDT
  • APTi標準.PDT: PAGES 対応プリンターで使用する標準的なPDT

2.PDTとPDFファイルの説明

PDFはPDTを作成するためのソースです。PCOMを使用すると簡単にコンパイル出来ます。PDTは印刷を実行する場合、ジョブの先頭に設定コマンドを発行します。1.で説明している各PDTはこの先頭のコマンドを変更しています。例えば APTi両A4.PDTを使用してプリンターセッションを作成した場合、そのプリンターセッションを使用した印刷は必ず(連続用紙->A4の縮小, 用紙方向は横 両面モード)で出力されます。


3.PDFファイルのマクロ

各PDFファイルにフィールドで使用可能なマクロが設定されています。PDFファイルを開いてください。BEGIN_MACROSからEND_MACROSまでマクロ指定されているものがマクロです。このマクロはControl Codesの部分で使用可能です。マクロは、各フィールドでよく使用するコマンドを登録しておくヘッダのようなものです。


4.PDFファイルの変更方法

PDTを変更するにはまず PDFを変更する必要があります。APTi標準.PDT を例に説明します。APTi標準.PDFを参照してください。START_JOB の部分が印刷データの前に流されるコマンドです。APTi標準.PDF では以下のような設定になっています。
START_JOB=INZ SEL P10 LL6

このPDFをコンパイルしたPDTを使用するとスタートジョブとして以下のコマンド゙を発行します。これはINZ、SEL、P10、LL6がマクロ指定されているためです。
1B 7E 01 00 00 11 1B 7E 02 00 01 32 1B 7E 03 00 01 3C

これを B4->A4,横で印刷される様に変更するには以下の様に編集します。以下のように編集されているのがAPTiB4A4.PDTです。
START_JOB=INZ SEL P10 LL6 F80 SA4 YOK


5.UseDefault=Yの記述

PCOMMは、通常はセッション起動後の最初の印刷時にしかPDTファイルの書式情報を読み込ません。これを毎回PDTファイルの書式情報を発行するために、PCOMMのワークステーションプロファイル(以下WSファイル)に、「UseDefault=Y」の記述を加えます。

(追加記述方法)

    
        
  1. WSファイルをメモ帳などのテキスト・エディターで開きます。WSファイルは、インストール時に特に変更していなければ、「C:\ProgramFiles\Personal Communications\private」フォルダ以下に「プリンターセッション名.ws」として保存されています。
  2.     
  3. [Printers]セクションの中に「UseDefault=Y」を半角文字で追加してください。もし[Printers]セクションが無い場合は、WSファイルの一番下部分にセクションごと追加して記述して下さい。
  4.     
  5. ファイルを上書き保存して、プリンターセッションを再起動してから印刷をお試し下さい。
  6.     

記述例:
[Profile]
ID=WS
[printers]
UseDefault=Y
printer=IBM 5577-W02,winspool,LPT1:
PDT=Y
PDTPATH=C:\Program Files\Personal Communications\pdfpdt
PDTFILE=ibm5577.pdt

(補足)RPGの中でB4->A4横に変更したい
AS/400のOUTQの出力先がPDTを使用したプリンターセッションの場合、RPGからの印刷がいつも同じ設定で印刷されてしまいます。RPG内で縮小やカセット指定の命令を出したい場合は、キャラクタモード゙を使用します。つまり印刷用紙の先頭にキャラクタモードで印刷設定コマンドを埋め込むのです。注意しなければならないことはその際、プリンターの設定をキャラクタモードを使用可能状態にしなければならないことです。


ハードウエアに関するお問合わせはこちら

※お電話もしくはFAXにて
お気軽にお問合せください。

製品に関する質問、相談、消耗品、操作説明、技術サポートなど、お客様相談センターで受付けています。

受付時間 月~金: 9:00~17:00
(※祝祭日、12/30~1/4は除く)

  • E-mail:csc@jbat.co.jp
  • TEL0120-28-3933 FAX0120-28-3977
    ※FAXでのお問合せは受付票を印刷して
    ご記入の上、FAXしてく ださい。

カタログはこちら

※製品を比較しやすい、
各種カタログをご用意しております。

カタログダウンロードはこちら


JBcloud

必要なときに必要な機能をすぐ利用!現場直結で企業の成長戦略を支援

PrintPro2.0

帳票設計から出力までの様々なニーズをトータル支援!

Qanat 2.0

システム間の情報連携を効率化!業務を最適化し運用コスト削減を支援!

SmartDrive

社内外のあらゆるデータを一元化!モバイルファーストで情報活用

WebReport 2.0

どうやれば、売れる?儲かる?みるみるわかる戦略発想ツール

prev next

製品・サービス
製品コンセプト
目的から探す
製品一覧
サポート
ソフトウェアサポート
ハードウェアサポート
製品FAQ
パートナー
パートナー企業様専用ページ
パートナー募集
セミナー・イベント
セミナー・イベント一覧
JBグループのセミナー・イベント
プライバシーマーク
ダウンロード
カタログダウンロード
セミナー資料
評価版
JBATについて
会社情報
JBATのCSR
JBATの取り組み
トピックス
各種お問い合わせ
一般お問い合わせ
ソフトウェアサポートログイン